一般社団法人

皆様ようこそ 横浜華僑婦女会のホームページへ


◆お知らせ◆
婦女会では下記業務も行っております。
お気軽にご相談ください。

●日本人の中国渡航ビザ取得代行
●中国からの親族訪問のための書類作成

ごあいさつ



2023年8月10日


一般社団法人 横浜華僑婦女会

会 長  黄 巧 玲


 横浜華僑婦女会は1953年に成立、華僑子弟の学校教育を支援し、成立と同時に保育園を立ちあげて働く女性を支え、勉強会、講演会、料理講習会や販売会などで会員同士の交流も盛んに行ってきた華僑・華人女性の会です。地域や日本国内の友好団体との交流にも力を入れ、一貫して女性の自立と社会参加を促して華僑の団結と中日友好に貢献してまいりました。
 婦女会館の建物は、2001年に三代目となる現在の3階建ての会館が建設され、この年、会長は婦女会創立時の1代目から2代目に継承されました。以来22年間、会館を拠点に活動を展開しています。2階と3階のホールは、現在華僑と日本人の16団体約250名の人たちが、さまざまな中日両国の伝統的な文化活動を行い学んでいます。また、1階は2017年、「保育園小紅」が認可保育園となって移転した後、2018年より「徳育キッズビレッジ山下町」が入居して、引き続き「一時預かり保育」を行い、多くの子育て中の女性たちをサポートしています。
 
 先般6月26日の会員総会において、新理事・監事体制が発足し、これからの2年間、私が会長を務めさせていただくことになりました。祖母、母とも婦女会会員の私は、婦女会において3代目となります。中日国交正常化前に華僑子弟や華僑社会のために立ち上がった1代目、その意志を受け継ぎ、保育園事業、合唱活動を中心に華僑社会、中日友好に貢献をしてきた2代目の後を継ぐのはなかなかの重責ではございますが、日本において、自分達の会館を持つ数少ない華僑婦女会として、先輩たちが活発に行ってきた活動を絶やすことのないよう、また、3代目、4代目ともなるとだんだん忘れられてゆくであろう日本の華僑家庭における伝統の味、伝統の料理の継承に加え、新華僑が伝えてくれる新たな文化も取り入れて、婦女会が将来にわたって、華僑、華人女性がにぎやかに集える場所であるように、微力ながら頑張ってまいります。
 
 横浜華僑婦女会はこれからも会員拡大を図り、華僑華人女性の経済的文化的地位向上と社会参加を促し団結を深めます。そして横浜中華街の一員としての役割を果たし、地域とその他日本国内の諸団体との交流を深めて共に手を携えて中日友好の輪が広がるよう努力していく所存です。どうぞこれからも今まで同様にご協力ご支援をお願い申し上げて、ごあいさつにかえさせていただきます。



2023年度 横浜華僑婦女会の年間スケジュールと現在の活動
5月 70周年記念祝賀会・70周年記念誌発刊
6月 会員総会・70周年記念レシピ本発刊
8月 横浜中華学校校友会主催「校友生聯歓会」における販売会
9月 敬老会
    国慶節食品販売会
12月  年末食品販売会
1月 新年会
3月 三八婦女節記念講演会

・書道教室 月2回
・気功教室 月2回
・婦寿会 月1回
(会員を対象に郷土料理を作り、試食しながら親睦と交流)
・手作り食品の販売活動
・料理講習会
・簡訊(季刊誌)発行




横浜華僑婦女会が華僑華人の皆さまにとって楽しい交流の場であり、学びの場であり、中華文化の発信と享受の場として発展できますよう皆さまと共にまい進したいと考えています。

華僑華人の女性の皆さま  どうぞ関心がございましたら婦女会事務局にお問い合わせください。ご一緒に活動しましょう。お待ちしております。


2023年8月10日更新